出会い学園

不倫と出会いについて考察

shutterstock_139500188

相手の選び方テクニック出会い系サイト編

こちらのページでは、低コストで見つける相手の選び方のコツをご...

shutterstock_231896032

出会い系でデートにさそってみよう!

さあ、女性との間で十分なコミュニケーションが取れているなら、...

デートを意識させるメールテクニック

女性との間で、メールは続くけど、なかなかデートに繋がらない。
ポイントばかり浪費して出会いに繋がらない、そんなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらのページでは、デートに繋がるメールテクニックをご紹介したいと思います。

女性の立場も理解してあげましょう
出会い系サイトに登録している女性は受身の方が多く、男性に対して警戒心を持っています。
中には、「ちょっと会うのは怖いから、メールだけでいいな」と思っている女性もいるかもしれません。
しかし男性側はメル友を探しているわけではないので、出会いに余りにも消極的すぎる女性には時間を裂きすぎないように
見切りをつけるのも大切です。

しかし、女性側で、いくら積極的に男性に会いたいと思っている女性でも、まだ男性の人となりがわからないうちに、男性側が鼻息荒く「会いたい会いたい」アピールをしてくると
「ちょっと・・・この人、危ない人かもしれない、積極的すぎて怖い」などと思われてしまう可能性があります。
なぜ出会い系サイトでは、危険かもしれない、危ないと思われるのでしょうか?その答えは簡単です。女性側に貴方がどういう人物なのか判断するための材料がないからです。

そんな状況で下心満載なメールや、会いたいをアピールしすぎるメールを続けても、女性側が警戒して出会いに繋がりません。
沢山メールを送り、時間をかけたのに全く出会いに繋がらないという人は、ほとんどがそのメールの内容が
しつこいぐらいの会いたいアピールであったり、女性側に対して警戒心を抱かせてしまうようなガッツいた内容だったりする一方で、貴方自身のことがちっとも見えてこない内容なのです。

なので、メールをする際の注意点は、女性側に安心感を与えてから、初めて会いたい、デートをしたいという本題を出していく我慢の戦法です。
女性側が、貴方が信頼できる人であると把握しないかぎり、出会いには繋がりません。
自分の人となりや、普段の日常などを女性に情報開示して、女性側に判断材料を与えてあげましょう。

「○○さんと趣味が合いそうです、僕も○○してますからきっと話が合いますよ!是非デートしましょう!」

こんな誘い文句も、女性側との細かなコミュニケーションの前と後とでは、デートに繋がる確率はグッと変わってきます。
まずは、会いたいアピールの前に、自分の情報を女性側に与えてあげること。
普段どんな仕事をしてるのか、どういうものが好きなのか、何に興味があるのか。お見合いパーティーではないので
年収やどんなところに住んでいるかを教える必要性はありません。貴方がどんな人なのか、人となりが分かるような
日常の些細なことを女性側にアピールして、女性がアナタがどんな人物なのか想像できるまでコミュニケーションを取りましょう。
一見遠まわしのようですが、これが実は出会い系サイトを利用する上で、1番出会いに繋がる近道なのです。

 

パトロンを見つける方法:パトロンを見つけるための極意!7つのテクニックをご紹介

出会い系サイトでメールの返信率をアップしたい

気になる相手にメールを何通か送ったのに、待てども待てども返事がこない。
出会い系サイトでは、もちろんこんな事もあります。
せっかく気になる相手だったのに、返事が来なければ出会いに繋がりません。
自分が送ったメールの何が悪かったのだろう?そう思う人に読んでいただきたいページです。
こちらでは、返信率をアップするためのテクニックをご紹介します。

返信率をアップさせるためには
突然ですが、女性は否定されることが嫌いです。
例えば何かを悩んでいて相談している風に見せかけて、自分を否定されたりアドバイスをされたりするのが嫌いです。
ただ、頷いて、同調してくれることだけを求めている場合が多いのです。
男性側からしたら、適切なアドバイスだったかもしれませんが、正論というのは意外と煙たがられてしまうのです。

例えば

「最近仕事が辛いし、上司と合わない。仕事辞めたいと思うんだけど、でもやめたら生きてけないしどうしよう」

こんなメールに対して、貴方がこんな返事を返します。

「その上司の具体的にどういうところが嫌なの?パワーハラスメントとかじゃないなら、仕事上しょうがなく厳しいだけかもしれないよ。仕事は楽しいだけじゃないし我慢も必要だよ。辛いかもしれないけど
辞めて生活できないなら、とりあえず今は頑張って、転職活動してみたら?転職活動するなら○○エージェントがいいよ」

貴方としては、女性のために具体的にアドバイスしたつもりかもしれません。
しかし女性側は「そうなんだ、大変だね」と言ってもらいたいだけで、実際に転職したいわけでも仕事を辞めたいわけでもなかったりします。
そうすると、真面目な具体的アドバイスは途端に煙たいものに思えて、この人メンドイと思われて、返事が帰ってこないのです。
女性は同調を必要としており、具体的アドバイスなど実はアナタに求めていないのです。
また上から目線になってしまうアドバイスや、アナタ自身が上司でもあるかのような立場のメールなどを
送ってしまっても返事は帰ってきません。

女性へのメールは以下を守りましょう!

・同調
・共感
・質問

この三つを守るだけで返信率はグッとあがります。

例、「わー気がついたらこんな時間だよ!!ゲームしててこんな時間になっちゃった!お腹すいたよ~」などというようなメール内容には

「もうそんな時間?!僕もお腹すいてきたなー」(同調)
「僕もゲームしてるとよく時間忘れちゃうんだよね~、食いっぱぐれアルアル!」(共感)
「今日は何食べるのー?俺はダイエット中でサラダだけだったよw○○さんは何か好きな食べ物ある?」(質問)

こんな感じです。絶対に否定はいけません。「えーゲームに熱中して食事忘れるとかないわー、ちゃんとした時間に食べないと太るぞ~」なんて返信はいけません。
さらに応用編としては
「僕もお腹すいたなー(共感)、そういえば前に興味があるって言ってた✕✕レストランこの前行ってきて美味しかったよ。よかったら今度一緒にどう?」

なんてお誘いに繋げてみるのはどうでしょう?
この3ステップを出会い系サイトでのメールに応用すれば、女性側からの返信率はグンとあがります。
メールを送っても、続かずに女性からの返信が帰ってこなくて終わってしまう人は、是非参考にしてみてください。

出会い系サイトで初めてのメール(男性編)

出会い系サイトに登録が完了した後は、優良サイトだし黙っていても女性からメールが届く?
なんてワクワクしている方、実は出会い系サイトを賢く利用するには注意が必要なんです。
優良サイトだからといって、自分から行動を起こさなければ女性からメールがくる率なんてとても低い事を理解しましょう!

初心者なら初心者をアピールしたメールを!
出会い系サイトでは、男性側も女性側も気になる相手のプロフィールを検索して、相手にメールを送る事ができます。
登録したての時は、新着欄などに貴方のプロフィールが掲載され、かなり目を引くポジションに掲載されます。
ですが登録者数は非常に多く、すぐに貴方のプロフィールは何万人ものあいだに埋もれてしまうでしょう。
待っていては何も始まらないのが出会い系です。自発的に行動を起こし、メールのやり取りを確実に行動し、出会いに繋げていくしかありません。
受身すぎる人は、どんなに出会い系サイトに登録しても、出会いに繋がりません。早速プロフィール欄で自分と共通の趣味や、自分が興味を持てるワードなどでお相手を探し、メールを送りましょう。

しかし、ここで考えてしまうのが「メールに何を書けばいいの?」というお悩み。
初対面の人に、いきなりどんな話題でメールをすればいいのか分からないという人は意外と多く、せっかく出会い系サイトに
登録しても第一歩が踏み出せない人がいます。

そんな時は、相手側に今の気持ちを正直に言ってしまうのがオススメ。初めてで何も分からないけど、あなたのプロフィールを見て自分と趣味が思ったなど、その時の感情を素直に書いてしまうのが1番よいでしょう。
変に格好つけなくてもいいのです。

「初めてでどうしていいのかわからない」、や「初めて送るメールでドキドキする」などというような、出会い系サイトに「慣れてない」感じは女性へプラス方向でのアピールにもなったりするんです。

出会い系サイトに手慣れている人よりも、そのような初々しい感じのメールのほうが女性の返信率も高かったりするので
変に格好つけて手馴れている風を装わないほうが、出会い系サイトのメールではむしろ好印象になる場合が多いのです♪
また、これをテクニックとして、慣れていない初々しさをアピールしてみるのも一つの裏ワザ。
とにかく出会い系に慣れている男性というのは、女性側も警戒してしまったりするので、メールの文章にコピーペーストを乱用したり、手馴れた風の空気を出さないようにするのがオススメです。

出会いの切っ掛けとなるバー

☆小さなお店にひしめく若人たち
”最近の若い子はお酒を飲まない””草食系男子”などなど。よく耳にしますが、奴らは出会いの為ならばと
駄菓子屋に行く小学生のようにお札を握りしめて飲みに繰り出します。
時代とともに出会いの場所や方法は変わっても、出会いを求めるその後ろ姿は今も昔も変わりません。
最近流行の”出会いバー”気になる方も多いのではないでしょうか?

 

・出会いバーとは?
出会いバーとは、小さな店舗に立ち用のバーテーブルが点在し男女が”出会う”ためにつくられた飲み屋さん。
場所によってはDJがいるところもあります。
飲み物は一杯300円~3枚綴りのチケットを入り口で購入するスタイルが主流となっている。
お札一枚から楽しめる男女ともに気軽に行ける”出会い”の場である。
年齢層は大学生から社会人(若手~中堅くらいまで)が多く、いわゆる”同世代”と出会えるとあり、金曜の夜となると
ナイトクラブのように男女がひしめき合っている。日にちと時間によっては並んでる。

 

・出会いバーの楽しみ方
とにかく異性と話しましょう!店舗自体が狭いので混み合ってくると、自然と距離が近づきます。
女性の場合、せっかく出会いにきているので素敵な人がいたら視線を送れば話しかけてくれるはず。
「なんか飲む?」という昭和の香る誘い文句で。後の会話は自動再生式になるので簡単です。
「いくつ?」「仕事はなに?」「友達ときたの?」「どこに住んでるの?」石原裕次郎と話していると錯覚するほど。
実は、同性との出会いも多いこの場所。昭和の香りに飽きたら、同性との出会いに走りましょう!
社会人になると、会社の外で出会う同性の友人は少なくなるもの。気があって、会社も近ければランチに一緒に行ってみたり。
そこから合コンのお誘いもあるかもしれません!(経験有)”出会い”を異性だけに絞るのはもったいない。
”出会い”バーの楽しみ方も幅を広げて楽しんでください!

 

・出会いバーで気をつけること
まず、飲み物をメインとしているので、食事は済ませてから行くのがベター。空きっ腹にお酒は危険です。
狭い店内なので粗相は禁物ですし、女性であれば”出会い”バーと謳っているだけあり、危険な妄想を抱いたメンズだってたくさんいますから。
そして、とにかくトイレが込む。なるべく早めにお花を摘みに行きましょう!また、”出会い”に夢中になりすぎて、会社の同期できてますー!
なんて方に長時間時間を取らせるとしらけてしまうこともあるので要注意。そもそもそんな人”出会い”バーに来るなって話かもしれませんが。

 

↓出会い学園おすすめサイト↓

大人の出会いならシュガーダディ(https://sugardaddy.jp/)

すすきのヘルスと不倫専用出会い系サイト

数ある出会い系サイトのなかで、一時話題となった某”不倫専用出会い系サイト”
その頃、テレビドラマでも注目を浴びていた某”不倫ドラマ”このドラマの放映中
”社宅の妻達が一つの家に集まり鑑賞会をひらいている”と同僚から聞いた時は驚きました。
随分堂々と興味を持つものなのだと。

 

☆不倫願望
どんな理由で、不倫願望が生まれるのか。
そして、どのようにして不倫相手を見つけているのか。
*不倫の理由
・セックスレス
・マンネリ
・刺激が欲しい
・パートナーを異性としてみれない

 

*不倫相手との出会いの種類
不倫ingの人たちは、どこで出会っているのでしょうか。
道ばたで出会い・・なんてTVであるような出会いのパターンは滅多にあるわけではありません。
みなさんこんなかんじで”倫活☆”(不倫活動)しているみたいです。

 

・飲み会
”既婚者”とういことをかくして、出会いにくる男性(女性も)多い。
結婚しているかどうかなんて見た目じゃわからない。指輪と周りの証言以外に
既婚を確認するのは難しい。数合わせの飲み会で”出会ってしまった”ということもあるが
開き直って参加して楽しんでいる人が多い。

 

・社内
王道パターン。社内不倫は絶対にばれる。社内の飲み会での鉄板ネタになり、社宅の妻達の餌食になる。
そして、伝説となり後世に引き継がれてゆく大変愉快な不倫である。
ただ、自宅よりも長い時間を過ごす会社では、不倫をしたい!というよりも、とても自然に始まるのでしょう。

 

・元彼、元カノ
元交際相手。何か原因があって、別れているのだからそこにもどるの!?と思うかもしれないが
体の相性が良ければ戻るのは容易なことでしょう。体の関係と割り切れる相手であれば
需要と供給も満たされこの上ない”不倫関係”を続けていく事ができるのでしょう。

 

・不倫専用出会い系サイト
先述した、”不倫専用出会い系サイト”。ニュースでも紹介されるほどその時は話題になりました。
検索エンジンに不倫専用 出会い系サイト と入れればたくさんのサイトがヒットする。
出会い系サイトで相手を見つけるのはとても合理的。自分と、サイトで出会ったとこの誰かも知らない相手なら
誰かの口から漏れてしまう事を心配する必要もないし、社内で噂され、伝説になることもない。
普通の出会い系サイトよりも、”不倫”という秘密を共有できる”不倫専用出会い系サイト”の方が
たくさんの出会いが待っているかもしれない。

 

・・・最後に。

不倫は家族を傷つけてしまう行為である事には間違いありません。不倫をするのであれば
絶対にばれないようにしましょう。

 

出会い学園オススメサイト:すすきのM性感ヘルスなら女豹

ハプニングバーでやれる女の子とどう出会うか??やれるのか??

実際に経験したハプニングバーでやれた話し

世の中にいろいろとあるというハプニングバー

ある場所で男女が集まり、
入り乱れてる場所がある。

ほんとうにそんな場所はあるのだろうか??

あるんです!

実際に経験したんです。

今日はどうやってそこまで至ったかという話しをしたいと思います。

 

都内の某場所にあるハプニングバー

場所は、都内にある若者が多く集まる街のラブホテル街にあるハプニングバーでした。
入り口もしっかりとチェック機能があり、
完全会員制。
お金を払い中へ。
独特な匂いが漂い、人がたくさんあふれてました。

 

女の子に積極的に話しかけないと、いけないのか!!!

中に入ると、はいどうぞ。とやれるわけではないのです。

まさに自由恋愛。
いや、自由ハプニング。

ただし、女の子とは要相談で、女の子の許可を取らなければならないのです。

ちなみに自分は女の子と話すのは苦手です。

どうしたらいいのか??
どうやったら女の子と出会えるのか??

勇気をもって女の子に声をかける。。
いや、それは大変だ。

なんなら女の子4人組や3人組で来てて、
とても声のかけずらい集団もいるのです。

そんな僕がやれた理由はこれなんです。

 

常連の男を探す。

そうなんです。
こういう場には必ず常連の男性がいます。
そんな人と仲良くなると、いろんな情報をくれます。

まずはそこから始めようと思ったんです。
そうするといました。
いかにも常連がという人が。

おじさんですが、
まさかのほぼ全裸で歩いているのです、
こんな人が常連でないわけはありません笑

女の子に声をかけるよりも、
こういう人に声をかける方がよっぽど楽です。

そして、声をかけます。
「お疲れ様です。すごいですね。」

それから少し会話はさんで、
自分がこのお店に初めてきたという話しをします。

そして、相談をするのです。

ここはもう先輩として、しっかりと頼ったのです。
やりたいけど、女の子に声かける勇気はない。

どうやったらやれるんですか??

そうすると一気に話しは展開していきました。

 

一気にゴールへ向かう

その常連らしきおじさんに相談したら、

やりたいの??
誰でもいいの??

それならあそこにいる女の子の前で脱いでみなよ。

なんでしょう。
このドラクエの街の人がくれるヒントのようなアドバイスは??

こんな出会いがあるのでしょうか??

僕は思い切って、そのおじさんにいわれた女の子の前に行き、
脱いでみました。

そうすると、いきなりぱっくりとくわえてくれたのです。
そんな世界がこの世にあるのか??

いや、あるのです。

まさに、僕はここで出会えたのです。
天使と。

そのままその女の子とプレイルームに行き、プレイをして、
おじさんにお礼を言って帰りました。

 

結論
ハプニングバーでやらせてくれる女の子と出会うには常連の男と仲良くなるのが近道です⭐︎

アングラな男女の出会いの場、ハプニングバー??

いまも数多あるハプニングバー

ハプニングバーというのをご存知でしょうか??

たくさんの男と女が出会い、入り乱れてやれる空間がこの世のどこかにある。

そんな天竺のような、天国のような場所があるというのです。

まさに都市伝説のような。

本当にあるのでしょうか??
私も実際に自分の目で確認するまではそんな空間があるとは知りませんでした。

 

初めていったハプニングバー

初めていったのは渋谷にあったハプニングバーでした。
連れて行ってもらい、
入り口で、入会費と入場料で2万円くらい払ったと思います。

その日は、週末だったのもあるのか、
たくさんの人で賑わってました。
たしかにこれだけの人がいると出会いもあるなと。

4階建くらいあるお店だったと思います。。

地下にはクラブのようなスペースがあり、
お酒も飲めたり、
音楽がかかり、踊れたりできました。
そこはほんとうにクラブのように、
みんな踊り、お酒を飲み、
それぞれの出会いを楽しんでました。

ただクラブと違うことは、、、
店内にはたくさんの手錠やら縄やらエロ道具がたくさんありました。

私もそこでお酒を飲み、
次は2階にあがると、そこはなにやら怪しい空間が漂ってました。

大きいソファーのみんなで話せる空間と、
そしてなにやら怪しい赤い照明に照らされた特別な部屋のような空間。

その赤い照明に照らされた空間は、入り口に人がいて勝手には入れないようになってました。

入るには許可がいると。

その許可とは、

男女二人であること。
これだけ。

なんと分かりやすいシンプルな入場の条件 笑

 

特別な部屋では

その特別な部屋は、どうやらそとからのぞけるというのです。
たしかにその部屋の壁にほんとうに小さい窓のようなものがあるのです。

水族館の窓のほんとうに小さいバージョン。
そんな感じでした。

私はそこをのぞいてみました。
片目でしか、見れないその窓を覗くと、

薄暗く、赤く照らされたその部屋では、

2組の男女がまさにSEXをしていたのです。

なんという光景でしょう。

しかし、あまりにもそれが現実離れ過ぎて、
動物園の動物の交尾をみているようでした。

窓も、いろんな人が見にくるので、
代わらないといけないですし、
ここはうまくできてると思ったのは、
窓が小さいので、そこまではっきりと見えないのです。

ただアエギ声というのはよく聞こえてくるのです。

 

ハプニングバーは必ずやれるわけではない。

ハプニングバーに行き、
わかったのは、必ず誰もが女子と出会いやれるわけではないということです。

実際、お店では、ナンパ合戦が始まり、
そこでの勝者のみがやれるという場所なのです。

なので出会いに消極的な人は、
行ってもやれずに終わるということも多々あるのです。

他人の交尾を見て終了。
こういうことも多いのです。

なので、やはり出会いというのは、
普通の場所でも、ハプニングバーでも、
積極的というのがキーワードになってくるのですね。